2021-06-11 輻射熱

画像の説明


30℃を超える暑さですが、まだ朝夕は過ごしやすいですね。

これから「輻射熱」で大地が暖められて、朝から30℃超えという日々が続きます。

熱の伝わり方には3種類あります。

熱伝導
物体の中を高温部から低温部に伝わる
対流
空気や液体の動きで伝わる
輻射熱
電磁波を介して熱が伝わる

この中でも輻射熱がわかりにくいですが、夏であれば窓を開けて風通りが良いのに、壁などから暑さを感じる、冬でしたら暖房をつけているのに寒さを感じるとかですね。

コンクリートの壁などが太陽光で熱せられると蓄熱していきます。この壁から放射するのが「輻射熱」です。

画像の説明

蓄熱しやすいコンクリート住宅などでは外に断熱材をせこうするべきなのですが、施工費が高いので、まずされてません。

木造住宅でも外壁材はあるので蓄熱します。それを避けるのが外断熱ですね。しかも壁の中にも断熱材を入れれば、ほぼ家の中に熱があ入り込むことがないです。

これがダブル断熱が必要な理由です。

冬では冷たさを入らないようにしますので、一年を通して快適に過ごせます。

断熱に詳しい方、家に詳しいお施主さんはご指名でダブル断熱の家を選ばれますね!!

防火の面なども、考慮すれば、県内でも本格的なダブル断熱は弊社だけだと思います。

コメント


認証コード6805

コメントは管理者の承認後に表示されます。