ぬくもりを感じられる無垢の床材

画像の説明


標準的に使用しているのがパインの無垢の床材です。

とても厚みがある床材です。

木材には「針葉樹」と「広葉樹」があります。

パインは「針葉樹」です。

「針葉樹」と「広葉樹」の違いは木の密度の違いですね。

英語では「針葉樹」をソフトウッド、「広葉樹」をハードウッドと呼びます。

「針葉樹」は成長が早く、木の中に多くの空気を含んでます。そこで冬場に素足で歩いてもほんのりとあたたかみを感じます。

素足での生活が多い日本人には「針葉樹」の床材が向いていますね!!

「広葉樹」は目が詰まっているので固くて、強いです。土足の生活の西洋ではこの「広葉樹」ハードウッドが好まれます。素足には冷たい感じです。

無垢の床材の魅力のひとつは調湿性能

最近の住宅では合板(またはボード)に木目を印刷したシートを貼り付けたフローリングが多いです。

調湿性能は皆無で、傷つけると補修は難しいです。

無垢の床材の魅力のひとつは調湿性能です。家中となるとかなりの調湿性能を発揮してくれます。

弊社の場合はこれに「セルロースファイバー断熱材」も物凄い調湿性能があるので、セットで多湿でも快適な空間を作ってくれます。

画像の説明

このパインなどの床材ですが、一部ではウレタン塗装をされたものが使われています。この床材は表面を皮膜でコーティングされているので調湿性能が半減します。せっかくの良さを殺してます。

弊社の家は無塗装品を使います。お施主さんの希望で着色する場合は自然塗料を使います。木材の特性を殺さない塗料ですね。
無垢の床材の持つ調湿性能は生かされてます。



無垢の床材の良さは弊社のショールームでもご体感いただけます。

贅沢にショールームの床をバインの無垢の床材で仕上げてます。

そこでショールームは土足厳禁となってます。

ぜひ、一度遊びに来て下さい。

画像の説明

家のことなら何でも!
アートホームズにご相談下さい !
まずは、家づくりの無料相談会「山田塾」にご参加ください
☎ 082-836-3881
『「山田塾」に参加したいのですが…』とお伝えください。

コメント


認証コード2629

コメントは管理者の承認後に表示されます。