酷暑との戦い②

画像の説明


夏になると小屋裏に入るのは嫌になります。

猛烈な暑さです。

ただ、この屋根と居室の間に空間があるから、灼熱の屋根からの暑さが直接、部屋に入ってこないのです。

最近、流行っている軒のない四角い家やよく売れている、あるハウスメーカーの家は小屋裏がなくダイレクトにこの屋根からの熱が入ってきます。

とくにこのあるハウスメーカーの家は平たい屋根で屋根材が折半という金属の板を凸凹に加工した屋根材です。熱の入り方は真夏の屋外に駐車した車の中のような感じです。

このような家だと二階はエアコンなしでは住めないですね。

画像の説明

古民家と呼ばれている昔の家は、屋根が高くて小屋裏の空間がしっかりとあります。

この空間がエアコンのない時代でも涼しく過ごせたのです。

地球の温暖化でますます気温が上昇します。

元々、広島の夏は暑く、日射も多い方です。

その地区にはその地区に合った家づくりが必要です。

建てた後から後悔することが無いように、家の形、屋根の形状も検討が必要ですね!!

真夏になるとエアコン全開で3万から5万くらい電気代が必要な新築の家があるのは事実です。

ご心配な方はぜひ、アートホームズにご相談ください。

家のことなら何でも!
アートホームズにご相談下さい !
まずは、家づくりの無料相談会「山田塾」にご参加ください
☎ 082-836-3881
『「山田塾」に参加したいのですが…』とお伝えください

コメント


認証コード9672

コメントは管理者の承認後に表示されます。