今年の冬は寒くなりそうです。

画像の説明


ラニーニャ現象発生していると言われてます。こんな冬はいつもより寒くなったり、大雪の場合が多いとか?

「温暖化が進んでいる」と言われてますが、やはり冬は寒くなります。

先日、新築したのにとても寒いという相談を受けました。

その方は、モルタルの在来工法の古い家を軽量鉄骨の大手のハウスメーカーさんの家に建て替えたそうです。

営業マンさんの話では断熱性能は抜群で、寒い冬でも快適に過ごせるという話だったようです。

ところがこのところ、朝はかなり温度が下がります。朝、起きられてリビングに入ると外よりも寒い!!冷え切っているそうです。

エアコンを入れてもすぐには暖まらないとのことです。

そして、寒さとは関係あるかわからないけど?とにかく外からの音がすごく入るそうです。

こちらとしても、もう新たに家を建てられているので、ただお話をお聞きするしかありません。建てられたメーカーさんに相談されるしかないです、とお答えするしかなかったです。

考えられるのは「熱橋」(ヒートブリッジ)現象

熱橋とは、外壁と内壁の間にある柱・梁などが外気熱を伝える現象です。
軽量鉄骨の家は柱・梁などが鉄でできてます。鉄は熱伝導率が高く、建物内外の熱が伝わりやすいです、熱橋と呼ばれる現象で冷たさ、暑さが家全体に伝わります。

画像の説明

そこで外気熱をカットするために外張り断熱で熱が入るのをカットしてやれば「熱橋」の発生は防げます。軽量鉄骨の家では必要な気がしますが、一部の家以外は採用されてません。

在来工法の木の柱でも少しは「熱橋」の発生はあります。鉄に比べたら無いに等しいレベルですが・・

それでも外張り断熱を追加することで、外からの熱をカットできるので、より断熱性が高くなるので、在来工法の家でもダブル断熱を採用してます。

冬だけでなく、夏の暑さも入れ込まないのでフルシーズン快適に過ごせます。

建て替える前より寒い家にならないようにしたいものですね!!

ぜひ、弊社の家をご検討下さい。

家のことなら何でも!
アートホームズにご相談下さい !
まずは、家づくりの無料相談会「山田塾」にご参加ください
☎ 082-836-3881
『「山田塾」に参加したいのですが…』とお伝えください

コメント


認証コード9985

コメントは管理者の承認後に表示されます。